椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアは、骨と骨のクッションの役割を果たしている椎間板という部位にある髄液が出て、神経を圧迫し、痛みやしびれをともなう疾患です。

治療法は、保存療法と呼ばれる鎮痛剤、けん引、温熱療法や、神経ブロックにより痛みを取り除く療法が一般的です。上記の治療で症状が良くならない場合は、内視鏡などの外科的な手術をおこないます。

  • 指導・療法について
  • 検査と診断について
  • 医療法人社団湘風会グループLINK
  • 小田原医師会地域医療連携室